過去生を生きなおす

抱えている悩みを、なかなか乗り越えられないときは、
過去生が絡んでいることがあります。
閉所恐怖症のKさんのヒーリングをしました。
塔に閉じ込められている過去生の方に問いかけました。
「あなたは閉じ込められたまま、人生を終わったようですが、今人生をやり直してみましょう!」
とエネルギーの世界で生きなおしをしてもらおうと、過去生の方を誘いました。
このような場合、たいてい無事に塔から脱出して、楽しく自由に生きたかった人生を体験していくパターンが多いのですが、この方はあきらめにしばられていて、塔から出ようとはしませんでした。
困ったな・・とヒーリングを続けていました。
すると、Kさんの顕在意識が、突然過去生の場面にあらわれて、なんと過去生の人を救い出しました。
「あんた!なにやってんのよ!いいかい、こうやるのよ!」と
牢番をまんまと誘惑して鍵を手に入れて、逃亡に成功したビジョンが展開しました。
塔に閉じ込められていたほかの人たちも、二人(?!)で協力して救い出しました。
これは初めてのパターンで、私もびっくりしました。
誘惑する場面がすごく面白かったです。
Kさんにそれを伝えたら、ばかうけして、あちらこちらに話して盛り上がったそうで、
それから、閉所恐怖がうそのようになくなったそうです。
宴会で両隣に人がいると、閉所恐怖がおこっていたのも治り、
楽しく参加できるようになり、喜んでいただけました。
よかったよかった♪

本陣

『よく家がなにか変と人に言われます。近くにきたら寄ってください』と患者さんn言われていました。
古戦場の跡地、家の前に、鎧をきた門番が立っていました。
おばけ門番「入るな!」
おおしろ「用事がありますので・・」と構わず門を開けて玄関から入らせてもらいました。
床の間のある和室・・・、ちょうど出陣式の最中でした。
これから裏山での合戦をするようです。
おおしろ「あの、お陰さまで今は平和な世の中になり、安心して暮らさせていただいてます。本当にありがとうございました。つきましては、成仏のヒーリングをさせていただけないでしょうか?」
おばけ武士たち「戦は終わったのですか!」
無事成仏してくださいました。
この中古の家を買ってから、家族の仲がとてもよくなったそうで、だけど違和感のある家に暮らしていたそうです。
それからだいぶ雰囲気も落ち着いたそうです。
感謝   合掌

だまされやすい魂

子どものとき、とても素直で従順で、やさしくて、純粋で・・・
その人がそのまま変わらず大人になっていくと、生きずらいことがあります。
おかしいな、大人はみんな「良い子だ良い子だ」と褒めてくれて、そのまま生きていれば、
人生に悪いこと起こらないと言われたのにな・・・
どんどん不幸になっていく・・・
見えない世界に「あなたは、とても純粋な価値のある魂、どんなに不幸でも、けがれない素晴らしい魂です。みんなもそれをみて反省するでしょう」
なあんて言われて妙に納得してる魂がいます。
不幸になるように無意識に助けを求めないで頑張り、不幸になってから助けを求める。
助けられて楽になると、また無意識に不幸になるまで頑張って誰にも関わらない、
不幸になってからまた誰かに相談する。
を繰り返す人生があります。
家に引きこもりただぼーっとしてなにをする気も起らない・・・
見えない世界から天使が表れて、「大人の世界でけがれてしまうから、あなたは良い子にして寝ていなさい。寿命がきたら起こしてあげるから」という言葉をすっかり信じて、潜在意識が本当に寝ていることもあります。顕在意識のほうは、なぜ自分が動けないのかわかりません。
大人らしい気遣いや行動ができない・・・
見えない世界から「そんな大人のようなことをすると、あなたの純粋性が失われてしまう。世界でも少数い美しい魂をだめにしていまう」と言われてその気になって
「私は赤ちゃんなんです♪うふ♪だってどうしたらいいかわからないもん♪」
なあんて、自立できないで家族に甘えている人もいます。
確かに人柄もいいし、やさしいし、素直だし、問題ないように人には見えます。
でも人生を生きずらくしています。
人生は潜在意識(魂)ではなく、生きている顕在意識に主導権があります。
地に足つけて、人生の主導権を取り戻しましょう。
人生の主人公になりましょう。

カマキリ星人

Mさんが、すっかりむくんだ顔で治療にいらっしゃいました。
美人が台無しです。
会社の人手が足りないのと、
社長が人使いの荒い人で、
「席を立つと電話に出る人がいないから、なるべく水分をとらないでくれ。トイレに行かなくてすむように」との指示で、朝6時から終電まで働く日々が続いているとのことでした。
腎臓にも心臓にも疲れがたまっていました。
ヒーリングしていたら、急にMさんの背骨にはりついていた存在が起き上がりました。
巨大なカマキリに見えました。Mさんから飛び立ち、天井を抜けて宇宙へ逃げ出しました。
社長を支配している宇宙人のようでした。
Mさんも「なにかに取りつかれているみたいに、疑問をもつ余裕もなく働いてました。社長はやさしいところもあるのですが、氷のように冷たい顔で指示することがあり、逆らえませんでした。」
いくら働いても社長の指示はますばかりで、このままではMさんが壊れてしまうところでした。
「社長に働き方の改善を要求してみる」と、気力を取り戻しお帰りになりました。
次の日メールをいただきました。
Mさんのメール
『昨日はヒーリングとカマキリ駆除をありがとうございました!
おかげさまで、ぐっすり寝ました!
カマキリ型宇宙人で検索すると、インターネットでいっぱい出てきましたよ!
北米によく発見される、動きが素早い最も冷酷な宇宙人なんだそうです(笑)』
Mさんも第三の目が動いているので、カマキリ星人の除霊の場面を目撃していました。
社長を支配している霊が、社員にも取りついて、みんな共倒れになる危険もあった事件でした。
怖いよね~♪
Mさんがなぜ憑依されたか、それは「みんな会社をやめてしまって、私まで社長を見捨てたらかわいそうだし、やりたい仕事だし、自分の試練だと思うし」と無理に社長のやり方にあわせた結果です。
私たちの資本は「体と心とエネルギー体」です。それは壊さないように守りましょうね。

れいしょう~♪

 霊障は、皆さんの生活の中で、常に起こっています。
皆さんがどの周波数で生きているかで、関わるおばけが違います。
「夫がそばにいると、くだらないことで腹が立ち、いらいらする・・・」
これは、夫がそばにいると、「いらいらする」周波数に自分をチューニングしてしまう、あなたのくせです。たんなる習慣にすぎません。
「いらいらテレビ局」にあなたが出演することでおこります。
テレビ局のおばけスタッフが、いらいら感を増幅させ、過去にあったいらいら事件を思い出させ、苦しくさせます。名女優を演じさせてくれます♪
米粒一つ分のイライラを、東京ドーム10個分くらいに膨らませるいたずらをされます。
あなたはおばけにいたずらされて、本気で夫を叱ります。
おばけにとって、あなたは、いたずらしがいのある、楽しいおもちゃです。
その世界のおばけが悪いのではありません。
宇宙はすべてを祝福しています。
すべての生き方を認めています。
あなたがその世界に遊びにいくから、遊ばれるだけです。
こうやって人間関係や組織が破壊されていきます。
常に心をニュートラルにしておく、それが対処療法です。
まさに冷笑~♪
(以下このブログを読んだ感想をいただきました)
いま、すごく久しぶりにホームページ見て、見えない世界の更新を読みました。
旦那さんといるとイライラする、って話。
シンクロしてました!
私の友達というか、子供のいるグループ、とても素敵な人たちで良い人たちなのに、みんな、旦那さんの話になると途端に顔色が変わって、険しくなり、何か乗り移ってるような口調で、文句ばっかり、愚痴ばっかり、怒ってばっかり、正直ウンザリしてました。
自分が選んだ相手なのになぁって、言いたくなるけど、いつも胸にしまっています。
(大城返信・・・そう、おばけのせいでも、すべては生きている人の責任になるから、気をつけなきゃね。夫に見限られてからじゃ遅いですよね。)

こんにちは

 子どもの時から私は精神面が弱く、なんとか強くなりたいと、さまざまな勉強や修行をしました。なかなか強くはなれませんでした。
15年前修行中、霊障にのまれて自分を見失い、自殺未遂をおこしました。
死にそこない、ふらふらと歩いていて、井の頭動物園にたどりつきました。
たぶん大好きなゾウの花子さんに会いたかったのだと思います。
入口の機械でチケットを購入し、門をはいると係りのおじさんが、じいっと心配そうに私の目を覗き込み、「こんにちは」と声をかけてくれました。
その目は『あなたは大切な人です。あなたの存在を祝福しています』と語っていました。
パチッと何かがはじけて正気に戻りました。
「私は生きていていいんだった!存在していて良いんだ!」
とまるで催眠術から覚めるように、本来の自分に戻れました。
その後どんどん強い人間に変われました。
人を癒すとはそういうことだと思います。
『あなたの存在を祝福しています』という心で関わること。
なにかアドバイスするとかでもなんでもなく、まるごと人を認めて祝福して接することで人は立ち直ると思います。

流れに乗る

先日末期がんで亡くなった友達からメールがきました。
(死んでからメールできるなんて、器用なやつだな・・・)
と開いたら、彼女の娘からでした。
娘さんのメール『どうしてこんなときにお母さんは死んだのですか?』
おおしろ返信『高校受験控えて大事な時にね。ホント、迷惑だよね。聞いてみるね。』
亡くなった友達の供養ヒーリングをしました。
『自然な流れにのったの』
というメッセージでした。
亡くなる前の数ヶ月間、彼女も私も苦しみました。
今回の人生で悟りたかったことがどうしても解決しなくて、
何度も話し合いました。
ある日急に腑に落ちて、『わかったよ』とうれしそうにしていました。
執着を手放し、自由になれたようでした。
その一ヵ月後に息を引き取りました。
娘さんに報告メールした返信『そうなんですね。わかりました♪』
娘さんのどこかで、「自分のせいなのじゃないか?」と、自分を責めていたのを感じました。少し娘さんの心が落ち着いたように感じました。

マブイグミ(魂込め)

あんまりにもびっくりすると、放心状態になることがあります。
沖縄では「魂が落っこちた」として、地面から拾って体にいれる動作のおまじないを「マブイグミ」と呼びます。
ころんで泣いている子供などにはしてあげると、安心して元気がもどる、手当です。
(魂をマブイというそうです。)
Mさんが、まるで魂を落っことした顔で、4ヵ月ぶりにいらっしゃいました。
沖縄が大好きで、沖縄三味線も上手なかたです。
うつぶせに寝ていただき、ヒーリングを始めました。
左肩にいかにも沖縄のおばあという霊が乗り、『だいじょうぶさあ』と心配そうに、Mさんに話しかけていました。
よくみると、体のあちらこちらに見えない存在たちがきて、Mさんに話しかけていました。『だいじょうぶさあ、だいじょうぶさあ』
シーサーのようなのや、葉をまとった小人のようなのや。
ヒーリングが終わるころにはいなくなり、Mさんに魂がもどり顔色もよくなりました。
Mさんに話すと、『私この数ヶ月ずっと、心配事が頭から離れなくて、『大丈夫かなあ?大丈夫かなあ?』と自問自答していたんです。
みんな一生懸命話しかけてくれていたのですね』と安心されたようでした。

自己犠牲とDV

「自己犠牲」は尊いことだと、ふつうは思われます。
それは、自分のことばかり大事にする人に必要な言葉で、自己犠牲を意識すれば少しは、人のことを優先するかな~大事にするかな~、くらいにとらえれば十分だと思います。
「自己犠牲」はすばらしいことだよね♪とせっせと自分が食べられなくても寝られなくても、世のため人のためと働きつづけると、苦しくなります。こんな人は、もともと人のために働くのが大好き!そしてだんだん苦しくなり、そばにいる人もそれを感じて苦しくなり、みんなで苦しい~!!となったりしませんか?
やさしそうな人のそばにいるとやさしい気持ちになったり、
癒されている人のそばにいると自分も癒されたりしませんか?
まず自分の人生を大切に♪
なんでもやっぱりほどほどですよね~
生まれる前にこんな約束をした魂たちがいました。
我利我欲で人を利用してでも欲望を果たす世界に住む我欲さんが、
無償の愛の世界に住む愛さんにお願いしました。
我欲さん「私は愛さんのように無償の愛で人を愛せるようになりたい、ぜひ生まれたら夫婦になり、教えてください。こんどこそ変わりたいです」
無償の愛の世界にすむ愛さん「愛を必ずお伝えします。夫婦になりましょう!」
そして夫婦になり、我欲さんの妻になった無償の愛の愛さんは、DVの被害者になりました。
我欲さんは、浮気し放題、借金し放題、奥さんなぐり放題です。
愛さんはそんな彼に尽くし続けます。
愛さん「私が我欲さんを見捨てずに愛をそそぎ続ければきっと彼は変わる!、生まれる前に彼と約束したのを、私は覚えてる!」
たしかに約束しました。
だけど、その約束は愛さんを利用するための約束でした。
我欲世界の最善最良の生き方は、『人の善意を利用して楽に欲望を満たして生きる』
無償の愛世界の最善最良の生き方は、『見返りを求めずにひたすら尽くし続ける』
両者の最善最良の生き方がまっとうできるパートナーを選んだことになります。
両者とも本質を見失っていますよね。
すべてを持つ、どの周波数の世界も楽しめる存在なのに、一定の世界に固執して、
「変わらない」で生きようとします。自分の人生の主人公になれていないです。
もったいない、本当の話です。

魂の案内係日記1

ご主人が亡くなり、Kさんがげっそりとやせてしまいました。
Kさん「朝晩仏壇に向かうと涙がとまらなくて・・・もっと看護してあげればよかったとか、いたらなかったとか、主人の写真に謝ってばかりです・・・」老後、二人で力を合わせて生きてきて、お二人とも80歳代でした。
お葬式で、お坊さんに引導渡してもらったはずなのに、しっかり二人は手をつないでました。
ご主人は「僕のほうこそ、ごめんね。最後のほうはよく覚えていない。先に逝ってごめんね」とやはり謝っています。
それをKさんに伝えると、泣いていたくせに、満足そうなうれしそうな波動になりました。(ふふ、やっぱり?)という感じで。
おおしろ「お二人のしていることは、お互いの足を引っ張ってるのですよ。」
ヒーリングしてもお二人の
『やだ!絶対離れない!!』
というパワーに負けそうでした。
それぞれの次元に落ち着いて、ご主人が奥様を見守れる位置にいかないと、苦しい状況が続きます!と説得していたら、
ご主人「じゃ、ごめんね。先に行くね」と旅立たれました。
Kさんの顔色もよくなりました。
自然の変化に上手にのり、逝ったのだと納得してくれました。